RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

卓上扇風機 節電の夏

ここ数日夏特集みたいになってますw

今回は、卓上扇風機特集です、なにわともあれ
見ていきましょう、

 
 まずは↑これから

USBで動きます、980円です、羽が無いってやつです、

話題作りにいいかも知れません・・・








皆さん突然ですがサキュレーターって聞いた事ありますか?
 51tXeIDSMpL.jpg

↑こう言う品なのですが 扇風機との違いは

サキュレーターは直進性を重視した作りで冷暖房を
効率的に活用する為の空気の循環をさせる品だそうです

上の画像でも分かるように保護の網が螺旋ですよね?

あれでより直進性を高めて風を送り出すのだそうです。

ちなみに上の品なにげに良い評価でした。









  41ridkm0dIL__AA300_.jpg卓上扇風機

↑バッファローと言うだけで信頼度があるように思えます、

値段の割には 風量はそこそこ有るみたいです



デスクで手軽に使えるMY扇風機

風量調整、時計、カレンダー、温度計表示など機能満載

液晶バックライトで暗い場所でも快適操作

対応機種:USBポート搭載のDOS/V機、Apple Mac

コネクター:USB Aコネクターオス 電源:USBバスパワー

本体寸法:W85×D70×H190mm

本体重量:約150g パッケージ寸法:W100×D100×H220mm

パッケージ重量:約231g 

アーム長:約3.7cm ケーブル長:約110cm

製品構成:本体、電池 CR2032×1個





  エヴァ
↑これも話題作りにどうぞ

ほぼ実用性は・・・無い??








  レトロな感じ
↑こんなレトロな感じは、好き嫌いがはっきり分かれると

思いますが、この品は嫌味が無くいい感じです、


•USB・乾電池のどちらでも電源供給可能(単3乾電池4本)

•本格クロームメッキ仕上げ

•羽径:約15cm

•3枚羽根

•首振機能付き

•風量2段階(弱/強)

•風向調節(上下)可能
  
大きさは小さいノートPCの画面位 

横190×奥行127×高さ225

それなりの大きさでパワーも有り。


    

   このブログの⇒  まとめです


 
スポンサーサイト

SSDはデフラグ不要?

今回はSSDのデフラグについてです

SSDを使用している皆さん、SSDってデフラグは
ほぼ不要なのを、ご存じですか?

不要と言うよりデフラグは半年~に1度位にした方が
良いと言うお話です

まずデフラグって何?


管理人のかなり偏った見解かもw

デフラグとは最適化とも言われていて、HDDやSSDに保存されている
データがどんどん貯まってくると、どうしても断片化していまいます

断片化=データがバラバラで保存されている状態です、

それを、デフラグ=最適化することにより、整理整頓して
読み出しをスムーズにできるようにする事です、



まずHDDの場合はバラバラにデータが散らばっている場合
ディスクの指定の位置にモーターを動かしヘッドを動かして
移動させなければならず無論機械ですからその移動に時間が
かかります、

ですのでデフラグをしてデータを整頓する事により、
バラバラになっていないほうが高速化出来ます、


SSDは断片化されたようなランダム読み出しが速いので、
デフラグの必要性は低いです、

またHDDと違い機械が物理的に動くと言う事が無い為
デフラグが必要無いと言われています

しかも、SSDは書き込みによる経年劣化がHDDより激しいので、
頻繁に書き込むと寿命を縮めてしまします、

SSDは書き込みに限界が有るのでデフラグと言う、
いわば書き込みと同じ事をするのをなるべく少なく
する事により、寿命を引き延ばそうと言う事ですね






まずコンピューターから以下の画面に行き、ローカルディスク
(SSDのディスク)を左でワンクリックだけします、

それから、右クリックすると下の画面が出るので一番下の
プロパティーをクリック
SSDデフラグ不要1




上のツールを選択すると以下の画面が出ます、

下の欄の最適化を選択してクリック
SSDデフラグ不要2







以下の画面が出るのでソリッドステートドライブを選択して、
下の設定の変更をクリック
SSDデフラグ不要4







以下の画面が出るので左上の

スケジュールに従って実行するの

チェックを外すとデフラグされなくなります
SSDデフラグ不要5


なお最初にも言いましたが、半年~に1度位はしても
いいかもしれません。


  このブログの⇒   まとめ  です






 
 

現在最強のCPUクーラー

季節的にクーラーを色々紹介していますが

今回はCPUクーラーです、様々な品がありますが

今回は冷やすと言う事に的を絞ってみます


まず空冷か水冷かと言う事で考えてみると、

(本格水冷は外します。)


簡易水冷を考えてみます、


いきなり結論から言うと今現在販売されているCPUの簡易型空冷
でかなり値段の高い物まで、考慮に入れても空冷の方が冷える
と言っていいでしょう、
(値段の高い、簡易水冷型を買い、ラジエター部分をケースの外に出して
比べると、簡易水冷型がやや勝てるかも知れません・・が
不格好になるのとケース自体を自分で加工する等かなりの
労力を必要とするでしょう)


何故、簡易水冷型が空冷に負けるのか?

これは簡易型水冷と言っても、熱を冷やすのには結局ファンに頼って
いるからです、

コアの熱を液体が受け取り、その液体がラジエーターに流れて、それを
ファンで冷やし、冷えた液体を再びコアに流す、

水冷と言っても、上記の手順を踏む訳です、


簡易型水冷はラジエターとファンがケース内に収まるよう
設計されているので、PCケースのファンの排気口がある程度規格で
決まっている以上は、その大きさにも限界があると言う事です、

簡易水冷  簡易水冷1  
 




空冷の場合はケースによりますが、ファンの大きさの
許容範囲がかなり大きいです、


結局はファンの大きさとパワーで冷やすのだから、
それがより大きくより強い方が勝と言う事ですね


次に思うのが騒音ですが、同じ風量だった場合に
比較すると、ファンが大きくなるほど音は静かになります


上記のような理由で単純に考えた場合ファンが大きい方が
静かだし、パワーも出ると言う事が言えます



下に紹介するのは、空冷最強の一角を担う品です、
silverarrow300.jpg  
Intel対応ソケット LGA775/1155/1156/1366/2011

AMD対応ソケット AM2/AM2+/AM3/AM3+/FM1/FM2

ヒートパイプ形式 8本の6mmヒートパイプ、銅製ベースおよびアルミ製フィン

ヒートシンク寸法 154-103-165mm

冷却ファン 152-140-26.5mmファンx2

ファンノイズレベル 21~45dBA

付属品 各ソケット固定プレート類/ネジ/グリス/マニュアル

回転数 600~2500RPM

重量 ヒートシンク 750g / ファン 170g x2

風量 31.4~130CFM
 
 
とにかく冷える、この品の前の型のSilver Arrow SB-Eと比較しても
アイドルで13℃高負荷時で18℃違います、
(状況、環境よって違いがあります)



こう言う巨大なファンの品に付き物なのが⇓


フルパワーだとかなりの音が出ます、
反対に言うと、静かな速度で回してもかなりの冷却効果が
期待できると言う事です

ヒートスプレッサー付のメモリは使用できないみたいです


   このブログの⇒ まとめ です



デスクトップPC HDDの夏対策

今回は夏対策デスクトップHDD編です

そろそろ熱さ対策が気になり始める頃ですね

特にPC内のHDDが・・・・



どうしても壊れやすいパーツの上位にHDDが有ります

複数台を使ってのサーバー等の方は特に気がかりですね




またPC内のCPUやGPUやマザーボードの温度表示をしてくれる
フリーソフトも有り、インストールから使用方法まで詳しく
解説しています、こちらもご覧ください⇒モニター





以下HDD用クーラーの画像です

hdc-503bk_open_f.jpg     hdc-503bk_install_f.jpg 

これはHDDを集中的に冷やす物で、HDD3台まで対応

またフィルターも有るので埃対策もしてあるのが良いですね

使用状況によりますが8℃~10℃程下がったと言うコメントも
ありました


⇓から詳細が見れます、


   


    その他、色々ここから見れます⇒HDDクーラー


    このブログの⇒  まとめ です

ノートPC用冷却ファン

今回はノートPC用の冷却ファンの紹介です

これからの季節PCの熱が気になり始めますよね、
そこで、お手軽にノートPCを冷やせる人気のクーラーを
ピックアップしてみました



またPC内のCPUやGPUやマザーボードの温度表示をしてくれる
フリーソフトも有り、インストールから使用方法まで詳しく
解説しています、こちらもご覧ください⇒モニター





ノートPC用クーラーで迷っているならこれがお勧めです

 ノートPCファン

2段階の風量調節ができて弱でもかなり冷えるみたいで、
強では音も気になる、

冷却台タイプと違い熱くなる底面を浮かす事により
かなりの冷却効果が期待できる

風の向きもフィンを動かす事により、熱を持っている
場所に集中的に、当てる事ができる、

一部の方はCPUが65度あったのがこの品を使用して
40度に下がったと言う事です、
(使用環境や使用方法により異なります)

浮かせる事によりキーボードに若干の違和感が有る
物も有るそうですが、この品は手前がテーブルに付く
為、違和感がほぼ無いとの事です


コストパフォーマンスが高い品で、かなり人気の品です、
amazonで買うと送料が無料なので安く済むのもいいかも。
     





•対応機種:USBインターフェイスを持つA4サイズ以上の
ノートパソコン(幅290mm以上)

※ノートパソコンの底部の形状により取り付けできない
機種があります

商品サイズ:W340×D119×H29mm商品重量

:0.262Kg接続方式:USB電源コード付属品

:USB電源コード(80cm)動作電圧

:5V動作電力:High 2.0W Low 1.2W

騒音レベル:High 30.3db Low 24.4db材質:ABS樹脂 







上の品とサイズ違いの同じ品です



対応機種:SBインターフェイスを持つB5サイズの
ノートパソコン(幅190mm以上)

ノートパソコンの底部の形状により取り付けできない
機種があります商品サイズ:W230×D114×H29商品重量:0.2Kg
(USBケーブル含む)接続方式:USB電源コード付属品

:USB電源コード(50cm)動作電圧:DC 5V動作電力

:HI 2.0W LOW 1.2W

騒音レベル:High:30.3db Low

:23.6db材質:ABS樹脂 




その他にも色々見れます ⇒ノートPC用クーラー 


このブログの一覧です⇒  まとめ 

≪前のページ≪   1ページ/7ページ   ≫次のページ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。